緋色のことば

私的なことばを書き連ねたり、SFを書いたりします。

活動再開です

お久しぶりです。長らくブログを更新していませんでしたが、今日から活動再開です。

「ことば」をテーマとした読書記事もしばらく止まっておりますが、本はいろいろと読んでいます。良書は多いものの、記事にする価値ある「ことば」にはなかなか出会えないですね。

今後のブログについてですが、読書感想記事に加えて、僕自身の体験を生かしたコラム記事を書いていきたいと考えています。さまざまな息苦しさを感じやすい今の時代、一度は大きく人生を停滞させた僕だからこそ語れる話を伝えていきたいですね。精神論的な話ではなく、単なるうわべだけの情報でもなく、実体験を元にした「具体的な対処法」と言えばいいでしょうか。近日中に記事を連載していくので、詳しくは改めて語ります。


※ブログを再開するにあたり、Twitterとnoteのアカウントはいったん削除しました。(新たな活動開始にあたって、いずれ再開するかもしれません)

GACKT「GACKTの勝ち方」

 

GACKTの勝ち方

GACKTの勝ち方

  • 作者:GACKT
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 今年最初の読書は、いわゆる「ビジネスマン向け」とも言えるこちらの本。ビジネス書籍は敬遠しがちな僕だけれど、ミュージシャンであるとともに実業家でもあるGACKTさんについては著名ながらも謎の部分が多く、「どういう人なんだろうか」という興味本位で読み進めてみた次第だ。おかげで、その生き様に生々しく触れるうちに、ふつふつと気力がみなぎってくるくらいの刺激をもらえた。

読み終えた直後の今、シンプルな感想として言えるのは、自分の生き様を貫くために必要な「覚悟」を持つことがどれだけ大事か、という事実を改めて諭されたということだ。そうして、覚悟を持ち、自分の理想を貫くためにはお金も必要だ。その点も含めて、単なる夢想では終わらせない、具体的な行動あっての覚悟を見せつけられるところが良い。

GACKTとしての自分はこれだけのことをやり抜いているが、貴様はどうだ? という問いかけを常にされながらの読書は、とても刺激的だった。最近では「それなりの自信」を得た気になっている自分の甘さを思い知らされている。

書かれている具体例の多くは、「GACKTだからできた」と言えるのは確かだけれど、そういうことは問題じゃない。これは「GACKTの立場だからこれだけの覚悟を持って貫いてきた」というメッセージを投げかけているのであり、別に実業家やベンチャー志望じゃなく、一般サラリーマンはもちろん、漁師でも八百屋さんでもいい。まだ社会に出ていない中高生であってもかまわない。大事なのは、その人が持つ資質と環境の中で「どれだけの覚悟を持つか」ということだからだ。

当書籍は空白行が多めに取られ、フォントサイズやボールド指定もランダムに使われているから、ネットのニュースを読むかのごとく、すいすいと読める。人によっては文章量の少なさを指摘する向きもあるかもしれないが、書かれている「ことば」の密度が高いから、これで良い。むしろ、このスタイルこそがベストだ。

印象深い言葉の多くが書籍の核心を成しているため、下手に引用すると「ネタバレ」ともなってしまう危険があるのだけれど、僕自身が感じ入った言葉を一つだけ引用しておきたい。

思考というのは、日々の生き方で9割が構築される。

ネタバレしない範囲内で言うと、まずは行動あってこそと何度も言っているGACKTさんの考えをシンプルにまとめたことばだと思う。補足として、「残りの1割は、偶然の出逢いや、読んだ本などから」とも書かれているから分かりやすい。友人が少なく、書籍を中心とした情報をメインとしていた僕は、長らく、この点を分かっていなかった。

まずは行動あってこそだということを、オッサンになってからの僕は痛いくらい身に染みている。私的な話で申し訳ないが、僕は典型的な社会不適合者だ。学校を出てからも職を転々とし、あげくの果てに精神を病んで社会をドロップアウトした。何年も引きこもった。醜いままのデブ男となり、髭もちゃんと剃らなくなった。数少ない友人知人が去って行った。初めて僕を見る人の多くが侮蔑の表情を向けた。たまに街を歩いても、通りすがる人が避けていく。悔しくても、何も出来ない。体力も無ければ、頭も働かないからだ。自分の人生は終わったと嘆いていた。

そんな僕が変われたのは、やはり行動だった。あることがきっかけとなり、メンタルクリニックへの通院を止めた。(※あんな所は行くものじゃない)そうして、現実逃避するように飲んでいた酒も止めた。信頼出来る整体師の指導で腰痛を治し、ランニングを日課とするようになった。体がみるみるうちに引き締まり、健康診断でも問題は無くなった。肉体が健康になると頭も働く。おかげで僕は、今の社会で生きていく力があると判断し、具体的に行動できるようになった。

書き出すと長くなるのでここまでにしておくけれど、行動がいかに大事かってことだ。したたかな考えは必要だけど、やらないことには始まらない。これは間違いない。

とは言え、僕はGACKTさんのような「覚悟」を持てない。僕は弱い。自分でもよく分かっている。でも、「行動しない」ことによるデメリットを嫌と言うほど知っている。かつての自分には戻りたくない。かなり後ろ向きなモチベーションだけれど、それでもいい。何もしないより、心が折れない範囲での「小さいけれど前向きな行動」を継続することには意味があると知っているからだ。

ようし、今年もやるぞ! と気合いを入れつつ、日々やるべきことをきっちりとこなしていこう。さて、そろそろランニングの時間だ。

今年もよろしくお願いします

お久しぶりです。
新年あけましておめでとうございます。

長らくブログを更新していませんが、心機一転、本日から活動再開です。noteでやっている「私的なことば」も再開したいところですが、読書感想文も久しぶりにアップしていきたいですね。本は読んでいるのですが、「ことば」をテーマとした感想文になるものが少なく、いろいろと読みあさっているところです。読書に限定するとやりにくいので、エッセイなども書き連ねていくつもりです。

趣味で書いているSFについては、コンテスト投稿以外の活動を考えています。具体的にやるべきことも準備済みなので、発表出来る機会が来れば、ご報告させていただきますね。

それでは、今年もよろしくお願いします。

新庄剛志「わいたこら~人生を超ポジティブに生きる僕の方法」

 

わいたこら。 ――人生を超ポジティブに生きる僕の方法

わいたこら。 ――人生を超ポジティブに生きる僕の方法

 

 新庄さんに関するホットなニュースを久しぶりに拝見し、こちらの本を読み返してみた。ちょうど一年前、出版直後に書店で購入し、一気に読み切ってしまい、しばらく体がホットになるくらいの元気をいただけたものだ。

現役時代に築いた「莫大な財産」を失った件についてはテレビ番組「しくじり先生」でも語られていたので、けっこう知られていると思う。書籍の冒頭でも書かれているけど、この本が面白いのは、新庄さんの生き方そのものが描かれていることだ。その考え方と行動力がとてもエンターテイメント性豊かで、読んでいる人間の心すら熱くさせてくれるところが良い。

「わいたこら」とは新庄さんの地元の言葉だそうで、一般的に言うところの「なんじゃこりゃ」に近い意味らしい。驚きの感情を表すもので、現役引退後に大切な財産(恩人への信頼も含む)を失った新庄さんの心境をよく表している。さすがのポジティブ男も、しばらく立ち直れないくらいのショックだったという。そりゃそうだ。人間であれば当然のことで、チキンの僕だったら生涯立ち直れない……というか、僕の場合はとても些細なことで数年の時を無駄にするほど絶望していたのだが、それはまた別の話。

新庄さんがすごいのは、逆境を楽しむ性質が多分にあるということ。それも半端じゃない。この点について、ご本人の言葉を少し引用したい。

僕は、うまくいかないことや
苦手なことがあると、
逆に燃えてしまうところがある。
最初から上手にできることをやっても、
ちっとも楽しいとは思えない。

 この考え方をいかにして貫いてきたかが、新庄さんの生き方と共に書かれている。ライターとして生きる僕が興味深かったのは、新庄さんが、幼少期から読字の能力に難があったと告白しているところだ。教科書を読むどころか、漫画の台詞ですらも読み取りにくく、友人との会話がかみ合わなかったという。(※ゆえに、この書籍は新庄さんの言葉を編集する形で書かれている)

こういう理由もあり、人とは違う自分に孤独を感じたという新庄さんだが、彼にはそんなデメリットを吹き飛ばすだけの才能があった。

圧倒的すぎる「身体能力」だ。

とにかく、足がめちゃくちゃ速い。サッカーやバスケなど、どれをやっても、ずっと前からやっている子達をすぐに超えてしまう。驚くことに、体育の先生の物真似でやってみた「人生初のバク転宙返り」すら、一発で決めてしまったという。(最終的に野球を選んだ「わくわくする」理由については、本書を参照のこと)

そんな新庄さんは、こんな風に語っている。

自分が得意なことを、人一倍頑張った。
だから、今の僕があるんだと思う。
だからみんなも、できないことがあったとき、「どうしてできないんだろう」なんて悲しまないでほしい。
できないことがあったら、「やらない」と割り切った方がいい。そして、「できない」代わりに、ものすごく「できる」ことがあると気づいてほしい。
それはスポーツなのか、音楽なのかはわからない。とにかく、一つだけできることを探して、そこに全力で集中した方がいい。

僕が感じ入ったのは、この言葉だった。
私事だが、フリーランスとしてなかなか先が見えない中、やっぱり自分は生き方を誤ったんじゃなかろうか、なんて思い悩むことがよくあった。そんな悩みをようやく振り切る、一つのきっかけになったと思う。新庄さんの身体能力ほどじゃないけれど、僕にも「ものすごくできること」としての力があるんだ、そんな風に思い直すことができたからだ。

テレビ的には「引退後の莫大な損失」の面ばかりが面白おかしく扱われるけど、この本で語られる新庄さんの考え方と生き様に触れるうち、「この人なら、また何か面白いことを始めるんじゃないか」なんていう期待を抱かさせてくれるから不思議だ。こんな逆境すら楽しもうとしていく新庄さんの生き方に触れると、「ようし、俺もいっちょやってみるか!」なんて気持ちになれる読後感が良い。

オッサンの僕が思うに、我が国では早いうちから安定思考を教え込まれ過ぎているのがいけない。この社会をうまく回していくための「小器用な優秀さ」ばかりが求められている。誰もが「こういう風に生きるのが幸せなんだよ」と思い込まされ、言いたいこともやりたいことも、どこかでセーブしてしまう。不満があったとしても、それを言っちゃあいけないよ、ってなところだろう。そりゃ、生きづらさを感じる人が多いわけだ。

とにかく、「わくわくする気持ち」が薄らいできたと実感する人は、性別年齢問わず、この本をお勧めしたい。何らかの刺激を必ずや得られると思うので。

なお、現役時代は「とぼけた発言」で話題に事欠かなかった新庄さんだけれど、実はかなりの計算高さを持った上で行動しているところ(詳しくは書籍を参照)が面白い。

だから、今回の「現役復帰宣言」についても、そこには何らかの考えがあってのことじゃないかと、僕は思っている。どんなことかは分からないけど、間違いなく、誰が見ても「わくわくできるようなこと」なんだろうな。

糸井重里「小さいことばを歌う場所」

 

小さいことばを歌う場所 (ほぼ日ブックス)

小さいことばを歌う場所 (ほぼ日ブックス)

 

糸井さんについては「典型的な天才」ゆえの鋭さが肌に合わないと思っていて、文章としての作品にはほぼ触れてこなかった。完全に僕の思い込みであり、今になって後悔している。

興味を持つきっかけはつい最近のことで、テレビで見た対談番組「SWITCHインタビュー 達人達」での、芦田愛菜さんとの対談を見てからだ。年齢的なこともあるだろうけど、昔のイメージとは違う、ずいぶん柔らかい雰囲気が印象的だった。孫でもおかしくない年頃である芦田さんを相手にして、敬意ある態度を自然に取れる様子が、一言で言うなら「カッコよかった」のですよ。

というわけで、今さらながら、こちらの本を手にした次第。書籍に詳しい説明はされてないけど、20年も前から毎日更新しているという「ほぼ日刊イトイ新聞」のベスト版みたいなテイストでまとめられた書籍(※2007年出版なので、初期10年分からのチョイスのはず)とのこと。1頁当たりの文章は少なめで、フォントや文字サイズも自由で、写真と共に語られる言葉も多く、すいすいと読みやすい構成が良い。

読み進めて思ったのは、肩肘張らずに書かれた「自由なことば」というのは、読んでいても心地よいってこと。好きな音楽を聴いているかのように。

当然ながら、計算はされている言葉だと思う。それでも、リラックスした雰囲気で書かれているから、例えるなら、面白い話をいつでも普通に出来てしまうクラスメイトのような距離感が良いんだよな。おかげで、自然と受け入れることが出来る。話がうまい人っていうのは、深い話も魅力的に語れるもので、糸井さんの場合も同じだと思う。僕が感じ入ったのは、こんな言葉だった。

勝ちながら学べないのが、負けについてのことです。
そして同時に、負けながらも学べないのも、
負けについてのことかもしれません。
負け、失敗などのネガティブなことについて、
静かに落ち着いて考えられる人が、
ほんとうの強さを持った人なんでしょうね。

 さらりと書かれた言葉けど、深いな、と思う。

失敗から学べとよく言うけど、圧倒的な敗北や屈辱の状態になると、人は交感神経が過剰になりすぎてしまう。負の感情が頭に焼き付いてしまい、冷静に整理することはなかなかできない。逆に、圧倒的な勝利を収めた場合も交感神経が高ぶりすぎているから、いざ負けた場合の想定などできるはずもなく、よくある「栄光後の挫折」で駄目になるケースも多いわけだ。

武士道精神を表す言葉として「勝って驕らず、負けて腐らず」という考え方があって、大関になった若き関取が昇進での口上として述べたのだけれど、これはもう、よほどの覚悟がある人間にしか口に出来ない言葉だろう。典型的な「ヘタレ男」の僕では、言葉の意味は分かっていても、どこか他人事にも思えてしまう。

でも、糸井さんの言葉は、言わんとするところは近い。さらりとした言葉だから、ああそうだよな、と、僕にもその概念がイメージ出来る。過去の自分を振り返り、何度失敗しても生かせなかったことや、逆に、自分だけが圧倒的優位にある状態で他者を小さく傷つけたことが思い出されてしまう。そんな自分の弱さを、ふっと思い浮かべられる言葉だ。

当書籍は日常的な戯れ言も含まれているため、いわゆる「名言集」のような類いには入らない。だからこそ、自然と耳に入ってくる。愛犬や家族とのたわいない話や、冗談が入り交じる中、先ほどのような言葉がふわりと出てくるところが良いのである。

あと、以前に小池一夫さんについて語った記事で、「老いる」ということをうまく語っていると述べたけれど、糸井さんの言葉でも実感させられた。

いつまでもあると思うなよ、俺

まさしく、その通り!
明日死ぬ覚悟をしろ、なんて言われるよりもグサっと響いてくる、ユーモアたっぷりの指摘です。

僕もいろいろと「ことば」を書いているけど、これからはもっとリラックスして書いていこうと思う。